本日は毎月恒例の『駅弁の日』です。
当施設では趣向を凝らし、日本全国の駅弁の中から、今回は福岡県北九州市の折尾駅『かしわめし弁当』をご提供致しました。

かしわめし弁当
鶏のだしで炊いたごはんの上には、鶏そぼろ、錦糸卵、刻みのりを彩りよく敷き詰めました。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
さあ、来月はどこへ向かいましょう、お楽しみに!

本日は毎月恒例『B級グルメの日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国のB級グルメの中から、今回は沖縄県の『沖縄そば』等をご提供致しました。

沖縄そば
「沖縄そば」は、そば粉を使わず小麦粉だけを使い、かん水で練って作る太めの麺と、豚骨やかつお節からとった濃厚なだしで仕上げたこってりとした汁が特徴です。

人参しりしり
千切りにした人参と卵を炒めた料理です。「千切り」が沖縄の方言で「しりしり」と いうことから、にんじんしりしりとなったと言われています。

もずく酢

パイナップルジュース

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

徳島県 郷土料理(かきまぜ寿司 他)
本日は毎月恒例『郷土料理の日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国の郷土料理の中から、徳島県『かきまぜ寿司』等をご提供致しました。

かきまぜ寿司
徳島県では、ちらし寿司のことを「かきまぜ」と言います。金時豆が入っているのが、徳島県の特徴です。昔は砂糖など甘い物が貴重だったので、甘い金時豆を入れることがご馳走になったのでしょうね。

鶏肉の佐那河内(さなごうち)揚げ
「鶏肉の佐那河内揚げ」は、唐揚げに甘じょっぱいタレをかけて食べる料理で、仕上げにすだち汁を加えるのがポイントです。

でこまわし
「でこ」とは(木偶)人形のこと。
串に刺した里芋を、くるくると回して焼く様子が「木偶(でく)人形」が頭を回す姿に似ています。

ふしめん
半田町の半田そうめん。製造過程で出てくる棒に吊るして丸くなった部分を「ふし麺」といい、干した時に重力がかかるので、太く、こしが強く、とても美味しいのです。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『B級グルメの日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国のB級グルメの中から、今回は福岡県の『博多とんこつラーメン』等をご提供致しました。

博多ラーメン(福岡市)
味付けや色合いはお店によって違いますが、基本的には豚骨主体の乳白色のスープと素麺のような極細麺が特徴です。豚骨を強火で沸騰させるため、骨のコラーゲンなどが溶け出し濁ったスープになります。

じゃが芋明太子ソテー
明太子(博多)
すけとうだらの卵巣を加工して食べる食文化は、17世紀から18世紀にかけて朝鮮半島で広まっていたといわれています。辛子明太子は古くから朝鮮半島の伝統的食品の一つとなっており、昭和の初期から日本でも食べられるようになりました。

小松菜のピーナツ和え

マスカットジュース

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『郷土料理の日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国の郷土料理の中から、熊本県『なすとピーマンのひこずり』等をご提供致しました。

菜飯
ピリッとした高菜にしょうゆとゴマの香りが食欲をかき立てます。
熊本県のお土産として、特に「阿蘇高菜」が有名です。

鶏のゆずみそ焼き

なすとピーマンのひこずり
熊本弁“ひこずる”=“ひきずる”から名付けられた郷土料理です。
“ひきずる”ように味噌をこすって野菜を炒めて作る味噌油炒めです。

つぼん汁
人吉球磨地方(熊本県南部)の郷土食で、秋祭りで供されたものが 現在は正月・祭り・祝事等で作られます。深い壺にこの汁を作り、盛りつけることから、「つぼの汁」→「つぼん汁」と名が付きました。

フルーツ杏仁豆腐

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例の『駅弁の日』です。
当施設では趣向を凝らし、日本全国の駅弁の中から、岐阜県 美濃太田駅の『松茸の釜飯 弁当』をご提供いたしました。

松茸の釜飯弁当
残念ながら、2019年5月で販売を終了している『松茸の釜飯』弁当。国鉄時代は一日で300~400個が売れたそうです。お釜の重みから歴史の重みも感じます。
車窓の風景を思い浮かべながら、いただきます。

桃のグラフティ

お吸い物

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『B級グルメの日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国のB級グルメの中から、今回は埼玉県の『わらじカツ丼』等をご提供致しました。

わらじカツ丼
秩父で愛されている地元名物グルメです。わらじのような2枚(足)のカツを甘辛いタレにくぐらせ、ごはんに乗せたカツ丼です。あっさりして衣が少なく、厚さが薄めなのでサクサクいただけます。

ねぎ と わかめ の ぬた
深谷ねぎは、白くて甘味があり、やわらかいねぎです。ねぎぬたは、結婚式の締めくくりの一品に出される料理だそうです。

里芋の煮ころがし

味噌汁(お豆腐)

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『郷土料理の日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国の郷土料理の中から、福島県『味ごはん』等をご提供致しました。

味ごはん
「炊き込みご飯」や「まぜご飯」のことを県内では「味ご飯」と呼ぶことが多く、『福島民友新聞』によりますと『中通り』(福島県中部)でよく使われているようです。

酒粕煮
鶏肉や魚の切り身と、大根、人参などを酒粕で煮た料理。特に会津で食べられており、酒どころ らしい一品です。

味噌かんぷら
「かんぷら」は「ばれいしょ」のこと。オランダ語の
「ばれいしょ(aardappelアールダップル:大地のりんご)」が「あっぷら」→「かんぷら」に変化したものではないかと言われています。

こづゆ
内陸の会津地方でも入手が可能な、海産物の乾物を素材とした煮物。
江戸時代後期から明治初期にかけて会津藩の武家料理や庶民のごちそうとして広まり、現在でも正月や冠婚葬祭など特別な日にはかかせない郷土料理となっています。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『B級グルメの日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国のB級グルメの中から、今回は石川県の『カニちらしご飯』等をご提供致しました。

カニちらしご飯

キャロットコロッケ
加賀産、小松産の2種類のにんじんを使った、ほんのりとした野菜の甘みが美味しいコロッケです。
移動販売のコロッケ屋さんが発祥です。

かぶの柚子香和え

めった汁
「めったに食べられない肉が入っているから」
「具をメッタメッタに切るから」
「やたらめったに具をいれるから」
語源は諸説ありますが、さつまいも入りの豚汁で、身体がとても温まります。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『B級グルメの日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国のB級グルメの中から、今回は長崎県の『レモンステーキ』等をご提供致しました。

レモンステーキ
戦後、アメリカ文化が広まり『ステーキ』が注目を集めます。そのステーキを日本人の口にあうよう食べやすく薄切りにし、焼きあがる直前にレモン風味の醤油ベースソースをかけて、いただくのが佐世保発祥のグルメ。レモン果汁たっぷりの爽やかな味わいが特徴です。

ちゃんぽん風汁

カステラ
キリスト教や鉄砲とともにポルトガルから長崎に伝わりました。黄金色に輝く甘い「カステラ」は、400年の昔からちょっと贅沢な気分にさせてくれる特別なお菓子ですね。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

見学(体験入居)
よくあるご質問
蓮田オークプラザ「介護館」ブログ
ITCについて
採用情報
蓮田の有料老人ホーム 蓮田オークプラザ駅前温泉館

 

社会福祉法人吉祥福寿会
埼玉県