本日は毎月恒例『郷土料理の日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国の郷土料理の中から、新潟県『鮭の焼き漬け』等をご提供致しました。

鮭の焼き漬け

焼いたサケを酒やみりんなどを合わせた醬油だれに漬け込むシンプルなもの。元々、冷凍技術が発達していなかった頃の保存食として江戸時代からつくられていたが、サケはそのまま焼いて食べると少々脂が足りなかったため、このような工夫をしてできたと考えられる。塩サケや煮付けとは全く違う風味を楽しめ、冷めても固くならなくて、ふんわりとしている。

ごぼうサラダ

めかぶの酢の物

のっぺい汁

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『郷土料理の日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国の郷土料理の中から、福島県『味ごはん』等をご提供致しました。

味ごはん
福島県の方言で、五目ごはんの事をいいます。

酒粕煮
鶏肉や魚の切り身と、大根、人参などを酒粕で煮た料理。特に会津で食べられており、酒どころらしい一品です。

味噌かんぷら
「かんぷら」は「ばれいしょ」のこと。オランダ語の
「ばれいしょ(aardappelアールダップル:大地のりんご)」が「あっぷら」→「かんぷら」に変化したものではないかと言われています。

こづゆ
内陸の会津地方でも入手が可能な、海産物の乾物を素材とした煮物。
江戸時代後期から明治初期にかけて会津藩の武家料理や庶民のごちそうとして広まり、現在でも正月や冠婚葬祭などハレの席で必ず作られる郷土料理となっています。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例の『駅弁の日』です。
当施設では趣向を凝らし、日本全国の駅弁の中から、今回は名古屋駅の『名古屋トップ3弁当』をご提供致しました。

名古屋トップ3弁当
エビフライ・みそかつ
あまから肉団子
エビフライに味噌カツ、名古屋コーチン入りの肉団子。
名古屋が生んだ三英傑が紹介しています。
さて、その三英傑とは誰でしょうか?

もずくとオクラのスープ

皆様、おいしく召し上がられておりました。
さあ、来月はどこへ向かいましょう、お楽しみに!

本日は毎月恒例『B級グルメの日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国のB級グルメの中から、今回は山梨県の『かっぱめし』等をご提供致しました。

かっぱめし
河口湖周辺には昔からカッパ伝説があります。
カッパの好物にちなみ、きゅうりの浅漬けをのせたトロロ飯です。

山梨コロッケ
「きくや」という蕎麦屋が開発したコロッケ。
なんと中身は山梨名物の”ほうとう”です。

きのこ汁
山梨県は面積の8割が森林、言わずと知れた『きのこ王国』なのです。
9月になれば色も姿も形も様々な”きのこ”達がにぎやかに顔をだします。

ぶどうゼリー

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『郷土料理の日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国の郷土料理の中から、栃木県『かてそば2種盛り』等をご提供致しました。

かてそば2種盛り
「かて」とは増量材のこと。だいこんやにらなどを加え、かさに加え風味も増し、食糧難の時代に庶民に広がったと伝わります。
また栃木の名産ニラは、古くは古事記にも登場するほど歴史ある薬用野菜です。

イモフライ
戦後まもなく行商人がリヤカーで売り歩いたのが始まり。仕事の合間に、子供のおやつに、栃木県民のソウルフードとして根づいています。

ゆばの含め煮
ゆばは位の高い皇室や神官の重要な食品として重宝されました。
一説では、江戸時代に徳川家康公が日光に祀られるようになって、参拝される方に出された食事にゆばが用いられ定着するようになったようです。
たっぷりのお出汁で煮含めました。

かんぴょうの卵とじ
国産かんぴょうの98%は栃木県産なのです!
たまごでとじて優しい味つけにしました。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

木更津駅 駅弁(潮干狩り弁当)
本日は毎月恒例の『駅弁の日』です。
当施設では趣向を凝らし、日本全国の駅弁の中から、今回は木更津駅の『潮干狩り弁当』をご提供致しました。

潮干狩り弁当
山芋揚げ・海老蓮根揚げ
蕗と竹輪きんぴら
大豆ひじき煮

遠浅の海岸が多く、潮干狩りポイントがいくつもある木更津らしいお弁当です。
うまみがぎゅっと詰まった『あさり』、『はまぐり』がたっぷり入った、磯の香りゆたかな炊き込みご飯弁当です。

味噌汁(あおさ)

メロン

皆様、おいしく召し上がられておりました。
さあ、来月はどこへ向かいましょう、お楽しみに!

本日は毎月恒例『郷土料理の日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国の郷土料理の中から、沖縄県『いかすみジューシィー』等をご提供致しました。

いかすみジューシー
ジューシィーとは「炊き込みご飯」のこと。
イカスミのコクと風味をプラスして、さらにインパクトも十分です。

ウジラ豆腐
うじら?→「うずら」のことです。
白身魚のすり身も入った沖縄風がんもどきです。

かんぴょうイリチー
イリチーとは、乾物や根菜に豚肉を加えた「炒め煮」のこと。

沖縄ぜんざい風汁
もとは「あまがし」といって、緑豆と大麦を甘く煮たものでしたが、戦後はおもに金時豆で作るようになりました。
沖縄のぜんざいは、上にかき氷を乗せた、冷た~い夏の風物詩なのです。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例の『駅弁の日』です。
当施設では趣向を凝らし、日本全国の駅弁の中から、今回は岡山駅の『蒜山(ひるぜん)おこわ弁当』をご提供致しました。

蒜山(ひるぜん)おこわ弁当
ししゃも甘露煮
五目厚焼き
牛しぐれ煮
岡山県蒜山地方名物のおこわを使っています。
もち米に鶏肉、山菜、栗など具だくさん。祭りや行事には必ず振舞われる、岡山県を代表する郷土料理のひとつです。

吸物(手まり麩)

白桃缶

皆様、おいしく召し上がられておりました。
さあ、来月はどこへ向かいましょう、お楽しみに!

本日は毎月恒例『B級グルメの日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国のB級グルメの中から、今回は秋田県の『横手焼きそば』等をご提供致しました。

横手焼きそば
地元で作られたモチモチ食感の焼きそばに、目玉焼きと福神漬けを付け合わせた、ご当地グルメです。
黄身を絡めてどうぞ!

秋田かやき
「貝焼き」が訛った言葉といわれ、漁師が大きなホタテの貝を鍋代わりにしたのがはじまり。内陸では一人用の鍋を「かやき」と呼ぶようになりました。

西洋梨
青森や山形に続き、秋田県にも美味しいフルーツがたくさんあります。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

本日は毎月恒例『郷土料理の日』
当施設では趣向を凝らし、日本全国の郷土料理の中から、熊本県『高菜めし』等をご提供致しました。

高菜めし
熊本県のお土産として高菜漬けを使った混ぜ込みごはんです。特に「阿蘇高菜」が有名ですね。

がね揚げ
天草の郷土料理。あげた形が「がね(かに)」の足に似ていることから名付けられたそうです。
精進料理(仏事・法事)としても作られます。

なす と にがごり のみそ炒め
熊本県ではゴーヤーを「にかごり」と呼びます。

つぼん汁
人吉球磨地方の郷土食で、元来秋祭りで供されたものですが、現在は正月・祭り・祝事等で作られます。
深い壺にこの汁を作り、盛りつけることから、「つぼの汁」→「つぼん汁」と名が付きました。

夏みかん
熊本をはじめ、九州地方で主に収穫されます。

皆様、おいしく召し上がられておりました。
次回も、お楽しみに!!

見学(体験入居)
よくあるご質問
蓮田オークプラザ「介護館」ブログ
ITCについて
採用情報
蓮田の有料老人ホーム 蓮田オークプラザ駅前温泉館

 

社会福祉法人吉祥福寿会
埼玉県